露天風呂番付で西の横綱

砂湯の入浴方法

湯原温泉の名所として名高い砂湯は、川底の砂を噴きながら温泉が湧いていることから砂噴き湯と呼ばれていました。湯治に利用される場所で住民により管理され一定のルールの元で広く開放された露天風呂です。諸国露天風呂番付でも西の横綱と評されています。このページでは、この砂湯の入浴マナーや入浴方法、季節毎の露天風呂の風景をご覧頂けます。

 平成24年4月1日より入浴のマナーが改正されました。主な改正点は、男性もタオルなどで前を隠し、みだりに裸を露出させないと言う事です。最近は、男性の方が余りにも大らかな姿で入浴され女性の方が寄りつけない状況が発生していました。

 女性には専用の湯浴み着の貸し出しを行っています。お泊まりの旅館のフロント又は、観光情報センターにお申し出下さい。

露天風呂の清掃日

 毎週水曜日
 7:00−10:00 地元住民ボランティア
 第一金曜日
 11:00−13:00 旅館組合と観光協会